個人輸入の問題

私が勃起不全や早漏の悩みを改善するために服用しているのがスーパージェビトラですが、この薬は国内では販売していないために、個人輸入を利用し、海外のスーパージェビトラを購入しています。

ここで一つ問題になるのが、為替による価格の変動です。
私が最初に購入したのが2013年夏の頃。
たしか、円高の時期で1ドル→75~80円でした。

初めて購入していたために、「安い、高い」という感覚はなく、ただ単に勃起不全や早漏を治すためだけに購入していた感じ。

その後、4ヶ月に1度のペース(毎回7箱(28錠)を購入しています。)で、個人輸入販売店(オオサカ堂)を利用し購入しているのですが、毎回のように値段が上がっている。っというのも、これは為替による急激な変動が要因です。

2013年夏は1ドル→75~80円だったのに、現在2014年12月は1ドル→120円に上がっている。円高から円安になっています。

当時は、1箱2200~2300円ほどで購入していたのが、現在は2500円と300円も上がっています。

まぁ、海外の医薬品を購入するために仕方がないと思います。
国内の病院やクリニックだと、レビトラを1錠で1800円から2000円ほどで処方しているとのこと。スーパージェビトラは1錠で250円~600円。

個人輸入で購入したほうが、安いのは安いですが、なんだかドンドン値段が高くなっているので少し不安です。