勃起不全の原因は一つではなく、色々なことが関係して起こります。
たとえば、パートナーが期待していることで緊張やプレッシャーにより起こったり、年齢が加齢により発症することもあります。

最近のデータによると、40代の30%、50代の40%、60代の70%の人が勃起不全に悩んでいると言われ、病院やクリニックなどの医師に相談せずに、そのまま放置する人が多いとのこと。

そこで、勃起不全を治すためにスーパージェビトラの成分バルデナフィルになります。

まず、勃起不全が発症する要因としては、酵素が関係してきます。人間の体内で、至る部分をムシばんでしまう一つの要因が酵素で、勃起不全だけでなく、薄毛や体の疲れ、お肌など、酵素が密接に関係してきます。

陰経の勃起を止める酵素をPDE5(ホスジエステラーゼ・タイプ5)と呼び、この酵素はcGMPというサイクリックグアノシンを分解する作用を持っています。

cGMPは、陰経の動脈を拡張させ、勃起を維持する役割があります。しかし、PDE5の量が多く、活発に活動をすることで、cGMPを分解量を増やすために、結果的に一度勃起したとしても、すぐに衰えてしまいます。

そこで、バルデナフィルの効果になります。
バルデナフィルを服用することで、PDE-5の活動を抑えることができます。この働きにより、cGMPへの作用も抑制されるために、陰経の動脈の活動は活発になり、固く勃起した状態を長時間に渡り持続することができます。

つまり、スーパージェビトラの効果としては、勃起不全を改善させるというよりも、酵素を抑制させることで、陰経内部の動脈を正常化する音ができるということになります。